全ての記事を無断転載禁止とさせて頂きます。ご協力ありがとうございますm(_ _)m

web拍手 by FC2

スポンサーリンク

[プレイ日記]  「ウィッシュルーム 天使の記憶」 Chapter 1 後編

※この記事は、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください※





~前回のあらすじ~
元刑事で、現在は探し物を見つけだす稼業をしている、主人公・カイル。今回依頼を受けて向かったのは、ホテル・ダスクという場所だった。自分の宿泊部屋に着いたカイルは一息ついていたが、さっそく上司からの仕事道具の配達物が届いた。旧知の仲の配達人との昔話もほどほどに、さっそく配達物を開けてみるカイルだったが…?



皆さん、こんにちは!
今回も引き続き、「ウィッシュルーム 天使の記憶」のプレイ日記を書いていきたいと思います。「前回、どんな話だったけ?」という方は、上にあらすじを書いたのでよければご参照ください。




さっそく開始。前回の時点では主人公・カイルのもとに配達物が届いたけど、まだ中身を見ていなかったので、開けてみることに。
すると出てきたのは、「秘密の言葉」と表紙に書かれた、一冊の古ぼけた革のノートどう角度を変えて見ても、「オーダーシート」には見えない(半ギレ)。やっぱりカイルも、「配達違いか」と言っている。それにしても、「秘密の言葉」ってキャッキャウフフな言葉が書かれているんでしょうかね?(違う)とりあえず、配達間違えなので、フロントに文句を言いに行くことに。

フロントに到着。そのカウンターの近くに、何やら人影が―

さっき、道端に立っていた女の子じゃないっすか!さっきは何も声を掛けなかったカイルでも、今度こそ色々語り掛けてみるが、返事がない。「耳が聞こえていないのか?と」考えこむカイルの元に、「聞こえているみたいだよ」とメイドの女性・ローザが割り込み。いかにも肝っ玉お母さん、みたいな風貌の人だ。
と、自力操作画面に戻ったので、もう1回女の子に話しかけてみる。やっぱりスルー(´;ω;`)ブワッ …ともかく、配達間違えのクレームを入れました。そしたら、ハイドの荷物が間違って届いた宿泊客の方から、こちらの部屋に来て持ってきてくれるとのこと。それは都合がいい、よかった。

ついでに、ローザに謎の女の子について詮索してみる。するとこの子、名前はミラというらしい。というのも、「ミラ」と彫られたブレスレットをしているから。確か最初のムービーで、ブラッドリーの手首にも同じブレスレットがありましたね。何か因縁でもあるのかな?と思ってたら、カイルが「ブラッドリーの妹と同じ名前なのか」と呟く。…妹なのか(早合点)。
あと、彼女がここに来たいきさつとしては、宿泊客のジェフ・エンゼルという男性に、道端で突っ立っていたところを乗せてもらって、ここまで来たそうです。彼はきっと有能。こんなことができるなら、この方を主人公に選びたかったよ…(※間違っても本ゲームには、主人公選択機能はありません)当事者にも確認がてら聞いてみましたが、これで間違いないとのこと。そしてここに連れて来たのは、彼女がここのパンフレットを持っていたから、だそうだ。なぜ持っているんだ…?ますます謎は深まるばかり。



今のところ、これ以上は分からないようなので、部屋に戻るとさっそく呼び鈴が。ドアを開けると、配達違いに遭ったおじさん、マーティン・サマーがやって来た。ちょっとふくよかな感じだが、メガネをしていて、思慮深そうな感じがする。そしたら案の定、推理小説作家の方だった。そして、間違えてカイルに届いた例の「秘密の言葉」を渡すと、周りに目もくれず熱心に読み始めてしまった。そんなにアレな内容なのか!?(多分違う)ともかく、カイルはカイルで、本来の荷物を受け取ったので一安心。

今度こそ箱の中を見てみると、「オーダーシート」・「顧客名簿」・「新商品」とかが入っていた。探し物の注文が載っている「オーダーシート」には、「グラビア雑誌と赤い小箱」の文字が。2つとも探し物は探し物でも、両者の間にすごいギャップを感じるのは私だけですかでもどっちも、いろんな意味でヤバそうな探し物なのは変わりないか。「赤い小箱」なんか、開けた瞬間爆発しそう。とりあえず、予定の配達物が届いた旨を秘書・レイチェルに電話で報告。


ここで突然、これまでの出来事の振り返りターイム。こんな感じで3択問題がちょいちょい、出てくる。でも間違えても、何はペナルティーはないみたいです。



ここまでの振り返りも終わったところで、Chapter 1が終了。まだまだ謎の女の子の正体は分かりそうにないにないですが、区切りがいいので、今回はここでお開き( ・ω・)ノ


「ウィッシュルーム 天使の記憶」 Chapter1 前編←前回



web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

0 件のコメント :